電子マネーって何?

電子マネーは2つのタイプに分けられる

最近日常のあらゆる場面で利用可能になってきた電子マネーですが、もうお使いですか?
電車に乗る時やコンビニなどでのお買い物の時に利用する電子マネーの大きな特徴は、紙幣や硬貨を使わない事にあります。これは電子データをやり取りすることで支払いをする仕組みが取られており、プリペイド型とネットワーク型の二つの電子マネーがあります。

プリペイド型は先に専用端末を使ってチャージ(入金)しておきます。これによりチャージした電子マネーのICチップに入金した金額の貨幣価値のデータが記録され、その金額を買い物などに利用出来ます。

もう一つのネットワーク型はネットショッピングなどに利用される仮想マネーと呼ばれるもので、チャージの必要は無くショッピングなどに利用してためたポイントなどをお金としてショッピングに利用します。


電子マネーのメリットとデメリット

お店や電車の他、電子マネーが使用できる飲み物の自動販売機も増えました。1枚持っていると何かと便利な電子マネーのメリットとデメリットを紹介します。
最初にメリットですが、まず何と言っても支払いがスムーズに進む事です。スーパーなどのレジで小銭を探すのに手間がかかって、支払いに時間がかかった経験はありませんか?後ろに並んでいる人の目が気になって、余計にもたついてしまいます。しかし電子マネーを使うと支払いは「ピッ」と音がする1秒程度で終わります。この便利さが故に、高齢者の利用が増えていると言います。そして次にあげられるのが、お財布がかさばらないと言うメリットです。電子マネーを利用するとお釣りをもらう必要が無いので、小銭がたまってお財布がパンパンに膨らむ事が無くなります。

次にデメリットですが、セキュリティーが弱い事です。もしも盗まれてしまったら、もう戻ってこないと思った方がいいかもしれません。